介護保険って良く分からん!!どうやって使うの? #1

Top

12月24日

12月に入り冬本番。今年は例年よりも気温が低く、降雪も12月にしては多いです。何だか最近までは暖冬と言われていましたが、今年はある意味冬らしい冬が到来しております。


さて、今回でよしぱらクラブの記事としてvol.4になります。

介護現場で働くこと18年が過ぎ、様々な方々の半生を垣間見てきました。
また、今年は介護保険が始まって20年目です。
しかし、”介護保険っていったい何!”
分からないこと結構あるのもこのこの保険の現状です。


そこで改めで有りますが、今後の記事について介護保険についてのシリーズを書いてみたく思いました。

今回は介護保険とは?サービス利用までの流れについて
を書いていきます。

<介護保険の概要>

(被保険者として)
65歳以上の者(第一号被保険者)
40歳以上64歳未満の医療保険被保険者(第二号被保険者)で介護保険法における16の特定疾病が原因で介護が必要な状態になっている方

16特定疾病

  1. パーキンソン病ほか
  2. 脊髄小脳変性症・脊柱管狭窄症
  3. 関節リウマチ
  4. 脳血管疾患
  5. 後縦靭帯骨化症・骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 多系統萎縮症
  8. がん
  9. 筋萎縮性側索硬化症
  10. 早老症
  11. 糖尿病(合併症)
  12. 閉塞性動脈硬化症


(介護サービス利用者)
①第一号被保険者(65歳以上の方)は原因を問わず要支援・要介護状態になっている方
40歳以上64歳未満16の特定疾病が原因で介護が必要な状態になっている方

介護保険の介護サービスを使うためには申請に必要なもの)

  • 申請書(区役所、役場などの保健福祉課などにある)
  • 介護被保険証(65歳になったら郵送で届きます)
  • 健康保険の保険証(第2号被保険者(65歳以下)の場合)
  • マイナンバーカード・マイナンバー通知書(申請書に記載する)

(申請先)
・地区の区役所の保健福祉課・介護保険課
・市町村の保健福祉課・介護保険課
・地域包括支援センター
・居宅介護支援事業所

など、後日認定調査員が認定調査の為に指定された自宅や病院などに訪問が有ります。


(認定調査)
・認定調査員が74項目の基本調査と特記調査を本人、同席者に 約1時間位掛けて、回答してもらう。
・結果は約1ヶ月前後に書面で届き、その結果で要支援・要介護と判定されていれば、利用可能となります。

(介護サービス利用 その他)
介護支援専門員(ケアマネージャ)などによる、介護サービス計画書(ケアプラン)を作成。
・ケアプランは、当人の心身的な状況による課題、生活環境の状況、希望(○○をやっていたのでまたできるようになりたい)など
を盛り込んだもの
で、定期的に見直しなど行い、当人・家族などが望んでいる生活や状況を目指すものです。

今回の記事はいかがだったでしょうか、実際家族の誰かが突然介護状態になった時必ずおろおろします。

私自身もしこれら知識が無いと間違いなく不安になります。
病院に入院した際、病院の医療ソーシャルワーカー(MSW)から
「介護保険のサービス受けていますか?」
など入院した当日から聞き取りが始まり、サービスについて分からない方が大勢います。



介護はある日突然待ったなしに訪れます。

昨今はNHKのEテレを始め、介護にまつわる情報が多くなりましたので、情報収集は行いやすくなりましたが、実際現場(病院など)で働いていると、案外知らない人多いのだと分かります。

決して他人事と捉えず、ご両親や親戚などに65歳前後の方がいらっしゃる方は事前に情報を知ることは大切です。

今後も介護保険について、なるべく分かり易く実体験を織り交ぜながら記事にしたいと思います。

それでは今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

それでは次の記事でお会いしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました