アマプラアニメ【異世界転生もの】おすすめ作品 vol.2

楽しみ

2023年冬アニメが始まりました。筆者がアマゾンプライム(アマプラ)を観始めたのが2021年から今年で3年目に入りました。

今期の新着アニメそして今まで観てきた作品から”異世界転生”もの【なろう系】の作品の中から筆者がおすすめする作品を紹介します。

⚠️本記事は作品のネタバレ含みます。

2023年新着アニメ編

【とんでもスキルで異世界放浪メシ」

ガルドコミックスより

令和5年1月10日よりアマプラ・ひかりTVで独占配信。またテレビ東京系列でも放映されています。

✅これまでの異世界転生ものと違い、主人公のスキルに注目
✅確かにこれまでの同種の作品に無かったものがあります
✅製作は「呪術廻戦・チェンソーマン」などでお馴染みのMAPPA
✅夜観るときっとお腹が空きます

👁️‍🗨️ストーリー

主人公向田剛志(ムコーダ)が異世界に転生させられるところから物語は始まります。
同時期にムコーダを含め4名が転生し、他の転生者はお決まりの勇者・白魔導士・黒魔導士の特性を備えているがムコーダだけはそれらがない。しかし彼には固有スキル
「ネットスーパー」が付与されていた。これがこのストーリの肝になります。
王族の謁見を終えて適正スキルを持たないムコーダは素性を明かさない代わりに手切れ金「金貨20枚」をもらい王宮を出ます。さて今後の身の振り方を模索すべく町に出て情報収集を始めます。

転生先は中世ヨーロッパの雰囲気ある場所。安宿を探し実際に自分のスキルを試してみるとそこには現代人ならお馴染みのネットスーパーのホームページが現れます。試しにパンと水をポチるとすぐに段ボールに梱包された商品が届きます。ちなみにお金は転生先のお金(金貨や銅貨など)です。

スキル確認を終えて一旦町を出る決意をします。ただ戦いの術を持たないムコーダは次の町までの警護依頼から丁度良いパーティと契約し向かいます。
道中の食事提供も警護パーティに条件追加しムコーダは異世界人に現在日本で売られている調味料などを使って調理し振舞います。
提供した料理にパーティの面々は驚き、美味しさから感動更にそれぞれのステータスが向上するパワーアップ効果があるのを知る。


その食事風景を遠くからじーっと付け狙うものが…

すったもんだあった後、ストーリ中重要なキャラとして登場する伝説の魔獣「フェンリル」と従魔の契約を半ば強引させられムコーダの旅に同行します。

現在アニメ2話目迄の大まかなストーリです。

Point of view

《ポイント1》
「ネットスーパー」スキルとキャラ設定
本当に「え!こんな発想が!!」と思うキャラ設定に脱帽。これまで異世界転生ものには無かった切り口です。
一般的な主人公像として「勇者・魔法使い」が多い中、ムコーダはフェンリル(のちにフェルと言う名に)と従魔契約を結ぶことで、RPG(ロールプレイングゲーム)における「獣遣けものつかい」「召喚士」的な立ち位置になります。

《ポイント2》
「生姜焼き・サンドイッチ・ポトフ」など手軽に作れる料理
魔物討伐後に得る食材とネットスーパーで購入した調味料などを使い調理。一見「異世界食堂」的なテイストですが、よくよく観ると「キャンプ飯」などの要素を彷彿させます。ここはMAPPAの調理過程から実食までの表現力にイイね!!です。

《ポイント3》
企業コラボ
新たなTVショッピングの形態か?紹介された商品が欲しくなります
ネットスーパーはイオンですし、食材などにエバラ食品、サントリーなどの実際販売されている商品が使われています。
実物が分かるだけに料理の味が想像出来るのも良いです。
この先新たな漫画・アニメ作品と企業コラボと紹介された商品やサービスの宣伝効果の可能性は高まると感じます。

クレジット

作者:江口連
イラスト:雅
作画:赤岸K
掲載サイト:小説家になろう
小説:オーバーラップノベルズ(現在13巻既刊)
漫画:コミックガルド(現在9巻既刊)
アニメ:令和5年1月11日よりテレビ東京系列他放映中
(監督):松田清
(シリーズ構成):横手美智子
(製作):MAPPA
スピンオフ作品あり

そして作中に使用された「焼き肉のたれ」これで生姜焼き定食作りたいですね😋

転生したら剣でした

AMEBAより

こちらの作品は第一期2022年10月
~12月までの全12話の作品です。

✅もはや転生先は人にあらず
✅成長は主人公と所有者
✅インテリジェンスウエポンその発想と今後は?
✅猫耳キャラ好きにも良いよ
 
 

👁️‍🗨️ストーリー

主人公はなんと剣!!
剣である「師匠」はモンスターの中にある魔石を破壊した時に経験値を獲得し、独自スキル習得と剣自体の進化します。
作中主要人物2人目は「黒猫族フラン」
かつて両親と共に冒険していたが、両親が何者かによって殺され後に奴隷として生き、奴隷商と移動中師匠と運命的な出会いを果たします。


フランは剣を「師匠」と呼び、師匠はフランの境遇を知り彼女の力となりお互いの成長のため旅に出ます。
冒険者ギルドで知り合ったモブキャラやフランの両親を知るハーフエルフであり冒険者ランクAのアマンダとの出会いが今後のカギになりそうです。

Point of view

《ポイント1》
主人公が転生したのは人ではなくだった!
この作品のオリジナリティそのものです。
これまで、漫画「ワンピース」に登場する悪魔の実で武器等に魂とスキルが宿る設定はありましたが、剣そのものがしゃべり・思考・行動してモンスターを倒しながら強くなるキャラ設定には膝を叩きました
また転生ものでお馴染みのチュートリアル(経験値を現した表)や天の声?のようなアナウンスより物語の進行具合が分かります。

《ポイント2》
フランの境遇・成長
作中様々種族が登場しますが、黒猫族は希少な立ち位置です。フランの過去回想から今後自身の種族との巡り合いやこの世界における力関係を理解し打ち破っていくストーリー展開です。
師匠とフランはお互いのスキルを共有出来ます。師匠はこれまで倒したモンスターからの技、魔法などがフランにも使え、フラン自身も黒猫族特有の身体能力の高さが相まってレベルアップが尋常でないです。

《ポイント3》
剣が料理するなんて!!
やはり異世界ものでは、料理シーンは鉄板ですね。師匠が作るカレーなどはフランの心を鷲掴みにしたシーンは笑えます。
剣の擬人化は調理シーンの他、フランに忍び寄る悪い輩を排除する様は、子供を守る父親の様でいて、この先別の感情を抱くストーリもあるのかと感じます。

現在アニメ第一期は終了し、第二期制作が決定されましたので続編が楽しみです。

クレジット

作者:棚架ユウ
イラスト:るろお
作画:丸山朝ヲ
掲載サイト:小説家になろう
小説:マイクロマガジン社(現在13巻既刊)
漫画:幻冬舎コミック(現在9巻既刊)
アニメ:2022年10月5日 – 12月21日トウキョウMX系列他放映
(監督):石平信司
(シリーズ構成):永野たかひろ
(製作):転剣製作委員会
スピンオフ作品あり

作中師匠が作ったカレーこれも鉄板ですね
筆者宅のカレーはジャワカレー辛口です。
突き抜ける辛さは止められません。こちらをおすすめします。

異世界おじさん

dアニメストアより

こちらの作品は第一期2022年7月6日
~12月まで全12話の作品です。

👁️‍🗨️ストーリー

主人公は17歳の時交通事故により昏睡状態に。その17年後に目を覚まし連絡を受けた甥っ子が面会に病室に訪れるところから物語は始まります。
17年間精神の転生先は「グランバハマル」中世ヨーロッパを模した「剣と魔法」の世界。
主人公柴嵜陽介しばざきようすけ(以降おじさん)はSEGAのゲームが大好きな少年でした。作中何度も殺されそうになるが、ゲームからの知識をフルに使い現地で精霊と話せるスキルを習得後、次第にこれまでやってきたRPGの世界観を異世界で体現していきます。その間ツンデレエルフや氷の一族の末裔で内気な年齢不詳女子、勇者を名乗る女性魔導士らのパーティとの絡みを経て物語が進みます。
そして現在へ。
どの様に生還したか作中で語られていますが、その過程を知るのが今後ストーリー展開になります。

Point of view

《ポイント1》
異世界から現世に戻ったストーリー
異世界ものの鉄板ストーリを逆手に取った作品です。そして異世界で獲得した能力が、現世でも使えてその力をYouTubeにUPします。
YouTuberとして収益を得ていますが作品前半でその道が絶たれそうな話もあります。
またSEGA情報満載で実際企業コラボも実現し、往年のSEGAファンには懐かしさすら感じるでしょう。

《ポイント2》
甥っ子「たかふみ」との絡み
退院後ルームシェアしており、そこで異世界での話をおじさんのスキルで映像として観ながら回想していきます。
異世界の人間は男女ともに容姿端麗・美男美女の設定。おじさんの容姿がモンスター「オーク」の亜種と間違えられ常に殺されそうになる。おじさんは淡々と昔話をしていく中数々の悲惨な記憶を目の当たりにした、たかふっみは抹消して欲しいと嘆願後消してもらう。おじさん自身も生き抜くために自らの負の記憶は消しています。

《ポイント3》
歪んだ恋物語?
その後現世では、たかふみの幼馴染で大学生の藤宮澄夏ふじみやすみかやその弟、藤宮の友人沢江さわえが登場します。
また異世界でストーカーとしておじさんが勝手に思い込んでいる「ツンデレエルフ」らの異世界住人。たかふみに恋心を持つ藤宮らのかなり歪んだ勘違いや恋物語も見どころです。

クレジット

作者:殆ど死んでいる
掲載サイト:Comic Walker
出版社:KADOKAWA(現在8巻既刊)
アニメ:2022年7月6日 AT-Xなど
(監督):河合滋樹
(シリーズ構成):猪原健太
(製作):Atelier Pontdarc

作中おじさんがたかふみに珈琲豆とコーヒーメーカーをプレゼントしてから、異世界の回想動画を観るシーンにはコーヒーが出て来ます。
コーヒーはイイですね。最近筆者が購入しておいしかった商品も紹介します☕☕

まとめ

今回は3作品の紹介でした。いずれもオリジナリティに溢れこれまでの「異世界転生もの・なろう系」とは違った切り口のストーリー展開は面白く、今後個別に深掘り考察してみたいと考えています。

次回もアマプラを中心に観てきたアニメを紹介したいと思いますのでお楽しみに。

今回はここまで

最後まで読んで頂きありがとうございます

次の記事で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました