命の洗濯だなーその④2の章

街歩き・経済

さて、前回は道の駅ななえより垣ノ島遺跡に向い途中、臼尻にて途中下車。
そこにある覚王寺のイチョウの木との出会いまでを書きました。
前回についてはこちらを参照して下さいね👇

それでは今回は垣ノ島かきのしま遺跡についての記事になります。北海道にこんな場所があったのかと思いました。それでは本編です。

現地到着

遺跡は海岸線から丘陵地帯にあります。到着して眼下に広がる太平洋、海からの風が吹いてます。
11月なのですが、さほど寒くなく日差しが柔らかく気持ち良かったです。当日は平日のため観光客とおぼしき人はまばら。それでは散策開始です 😄

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0458-576x1024.jpg

駐車後ゲストハウスに向いました。訪れると観光客は無くガイドの方が丁度休憩中でした。
ハウス内の撮影と現地の撮影が出来るか確認すると、快くOKを頂き撮影していきます。
更に嬉しかったのが、ガイドの方が「遺跡の説明を受けますか?」と話されたので、即答でお願いしました。
(いやー嬉しいなー😄)

まずはこの遺跡の全体図です

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-59.png
北海道・北東北の縄文遺跡群HPより

中央の開けた土地が遺跡になります。写真より左端の白い建物が函館市縄文文化交流センターです。こちらにも後程訪れます。

まず最初に案内されたのがこちら👇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0467-1024x576.jpg
ゴルフ場ではありません!綺麗に芝が整備されています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0468-1024x576.jpg

写真より説明のプレートがあります。
ガイドさんによると、とにかく古い遺跡の様です。更に分かりやすい表を見付けました👇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-61-1024x340.png
🟠印がこちらの遺跡の成立時期

北海道・北東北の縄文遺跡群HPより

久々にブログを書きながら歴史勉強です。
ウィキペディアなどで同時期を調べると
文字の発明
旧約聖書で人類誕生
中国ではヤギなど家畜化陶磁器を作る
ヨーロッパでの使用が始まる
など書かれています。

その時期の日本においての人々の営みが遺跡から分かっているようです。
ちなみに日本では竪穴式住居や貝塚、丸木舟での漁労活動、交易が盛んに行われていたようです。
(歴史の授業でお馴染みの項目です)

ガイドさんの話は続きます。

この遺跡から沿岸地域における生活や、耐久性があり長期間居住できる竪穴建物の出土。
日常(居住域)と非日常(墓域)の空間の区別など、集落の様子や精神文化の変遷を示す重要な遺跡が出土しています。
説明の中で興味深かったのが、当時の人々が死者に対する祈りの他に亡くなった子供の足型を粘土につけて保存。そして親が亡くなった時にその粘土板を一緒に埋葬する、儀式が執り行われていたくだりには胸が熱くなりました。

この精神性は現在にも繋がっており、太古の昔も今も人間は変わっていないのだと再認識しました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-63-1024x440.png
右に見えるのがゲストハウスです。

穏やかな午後の昼下がり。お日様の柔らかい日差しが心地良く、海風をかすかに感じます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0476-1024x576.jpg

上記2枚の写真の説明プレートになります。

POINT①
”垣ノ島遺跡の特徴は芝生内を歩けます”

遺跡と言えば居住跡など要所は策に覆われ、整備された歩道を歩くのかと思いますが、こちらの遺跡は画期的な取組だと感じました。
(ちなみに現時点ですので、今後観光客が増えればこの先は分かりませんが、このような取組は素晴らしいです😁)

何とこんな太古から原型があったのか!!



更にガイドさんの話は続き、先に進むと今で言う鳥居のような柱跡に案内されました。それがこちら👇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0481-1024x576.jpg

写真では伝わりにくいですが、この窪み跡が2か所在りまして今で言う鳥居の原型の様です。
そしてその柱は北東を差しており、既にこの時期から当時のシャーマン(司祭)が星読みや天体観測などの経験則に基づいた行動。住民と一緒に建築に繋がったのではと説明されました。
今でこそ神社の鳥居はシンボル的かつ、重要な位置付けがあります。

そう言えば、昔読んだ本に鳥居は神様の化身の大きな鳥が止まり木として造ったと書いていました。大きな鳥ってどんな鳥なのでしょう?
子供時分の私には妄想が膨らみましたね。きっと調べれば分かるのでしょうが、ここでは妄想で止めておきます😁

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0485-1024x576.jpg
鳥居跡から近くの窪みがあります。ガイドさんの説明より、そこは住居跡の様です。
更に周囲には切り株が散在しています。本来なら取り除けば良いのですが、木の根が張り巡らされているため、掘り起こすと下に埋もれている遺跡を破壊してしまう可能性があるので、そのままにしているようです。
(自然は人の営みなど知っちゃこっちゃないですからね😅)

この場所は海を臨むロケーションです。当時は今とは風景が違う様です。
ガイドさん曰くこの周辺についての説明
恵山えさん駒ケ岳こまがたけ両方からの噴煙が見えていたようです」と話され、現在もどちらの山も存在していますが、噴煙は確認出来ません。
(時々駒ケ岳では火山性微動や噴煙が上がることもあるようです)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0486-1024x576.jpg

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0487-576x1024.jpg
点在する盛り土。窪みや林の中などなどまだまだ発掘されていない場所はあるようです。
ガイドさんの説明はここで終了しました。

悠久の歴史を感じました。縄文時代は約1万年続いたそうです。 そしてこの時期は今よりも温暖であり、この場所も今よりはもっと過ごしやすかったのかと思いを馳せるのでした😁
また繰り返しになりますが、人の想い、精神性は1万年前であっても変わらずあるのだと改めて考えるのでした 。

本当に勉強になった時間でした。
旅は時として思わぬ出会いを引き寄せます。今回まさかこのように遺跡について知る機会が得られるとは思わなかったのでガイドさんには感謝しかありません。別れ際丁重にお礼を申し伝え、ガイドさんより教えられてた函館市縄文文化交流センター に向います。

POINT②
ガイドさんにガイドしてもらおう!

垣ノ島遺跡にお越しの際は、ゲストハウスに寄って下さい。ガイドさんがいらっしゃったらガイドをお願いしてみると良いです。ガイド時間は時期や諸条件で異なると思いますが、およそ30分位でしょうか。
是非お勧めです。(ちなみにガイド料は無料でしたこれまた感激!!😂)

インフォメーション
場所:函館市臼尻町416番地4(垣ノ島遺跡管理棟)
 ※ 縄文文化交流センター駐車場横の入口ゲートから入場できます。
 ※ 駐車場は縄文文化交流センターと共用です。
函館市街地からの公共交通機関を利用したアクセスは
 こちら(函館市公式観光情報はこぶら)をご覧ください。

観覧時間:4月~10月 9時00分~17時00分
    11月~3月 9時00分~16時00分
休場日:12月29日~1月3日
※ 臨時休場の場合もあります。あらかじめお問い合わせください。
利用料金:無料
お問い合わせ:函館市縄文文化交流センター
所在地:函館市臼尻町551番地
電話:0138-25-2030
ホームページ:http://www.hjcc.jp/

今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
次回は函館市縄文文化交流センターに訪れたの巻です😊

次の記事で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました