命の洗濯だなーその④3の章

街歩き・経済

今回の記事は私のnoteとの連携企画です。今回は3回目です。
前回と前々回のリンクを貼っておきますので、こちらが初めての方はどうぞ👇

遺跡までの道中を書いています🙂

垣ノ島遺跡について書いています😲

今回は垣ノ島遺跡から函館市縄文文化交流センターへと向かいます。
それでは本編です。

函館市縄文文化交流センター

遺跡より車で5分ほどの高台に 函館市縄文文化交流センター はあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0489-1024x576.jpg
道の駅南かやべの外観

2011年10月1日開館した全国初の道の駅に併設された歴史博物館。外観は通常の道の駅とは趣が違いますね。モダンアート的な建物。平日により来館者は余りいませんでしたが、どうやら観光バスの観光コースになっているようで、見学途中に観光客数名が入館していました。

ここでPOINT!
この博物館、フラッシュ禁止ですが館内の撮影がOKなのです。通常このような施設での撮影はNGだと思います。館内を数か所撮影しまして要所のみ掲載いたします。
(全部掲載してしまうと観覧の楽しみが減りますので😁)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0506-1024x576.jpg
館内の様子
この博物館はテーマごとに展示スペースが分けられています。

初めのテーマは”縄文のくらし”

さて、縄文時代と言えば、石器や竪穴住宅などを思い浮かべる方多いと思いますが、私もそのうちの一人です。人類の進化はチャールズ・ダーウインの進化論などでもお馴染みであり、様々な科学者らが研究しています。今回の遺跡巡りをして改めて日本の縄文文化は世界的に見ても古いものです。
そして、日本人の祖先は大陸から来た方々、南方や北方から渡ってきた方など様々。縄文人からその後に登場する弥生人の出現。更に歴史が進むにつれて多様さが現れてきます。

そんな時代の様子を妄想し、過去に思いを馳せながら館内を進んで行きます。


ところで、生活に欠かせない営みとして食べる行為があり、食を通じて人は進化するのだと思います。縄文人の火の発見と火を操る術。更に狩猟や採取は男女の仕事の分業(得意な仕事を行う)を進めます。歴史は悠然に流れてますが、人間の進化は他の動物と比較して非力で有るため、道具を発明し使い新しい工夫を取り入れて、土器や石斧、矢じり、釣り針などを産み出し時代が進むにつれ技術も向上していきます。
そして、いつの時代にも頭の良い人がいる訳で、彼らが新たなイノベーションを起こすことで、次第に人口は増えていく。すると新たなリーダーが手狭になった集落を後にし、新天地を目指す旅を祖先はしていたのでしょう。こうした人の動きを含め縄文時代は一万年も続いたのでした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0507-1024x576.jpg
漁労活動
イメージ画より発掘された出土品一つ一つの持つ意味が想像されます。

この先には狩猟、採集、石鍬などの農耕器具の発明。やがて農業へと発展する過程が分かりやすく展示されています。土器についても様々な形や使用用途があり、復元された土器一つ一つ、発掘作業に携われた方々、復元された方々の尽力は相当なものと想像します。
考古学は改めて、”かつての文明や歴史、人の営み、自然の移り変わりなどを探求する学問”であり、
かつての生活様式を尋ね、そこから新しい知識・見解を導くのだと思います。発掘など地道な作業の中、新たな発見を今後も楽しみにしたいですね。

更に館内散策は進ます。

縄文文化の精神世界

先程垣ノ島遺跡のガイドさんが話してくれた展示ブースに来ました。それがこちら👇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0578-576x1024.jpg
循環と再生”このコーナーのテーマ
精神世界はどの時代であっても興味深いものです。特に縄文時代の人々の精神世界はどの様なものかを紹介しています。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0579-576x1024.jpg
現在において、生まれてから祝いとして手形や足形を取る地域があります。
それら風習の原点がここにあったのかと思いました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0581-576x1024.jpg
説明プレートより、思わず胸が締め付けられました。記述によれば、亡くなった子供の足型です。

日本において、現代になってやっと乳幼児の死亡率が低下しています。ただこれはアフリカやアジアなど世界各国では、今なお内戦や難民生活を余儀なくされた方々が大勢います。これらの犠牲は真っ先に弱者に及びそれが子供達の生命、栄養失調や病気などに現れます。
私達が知らない場所で今も知り得ない現実が多くあるのです。

話を戻します。

人が死ぬのは自明のことわり

どんな人でも死は平等に訪れ、早いか遅いかの個人差はあれど、確実に終焉は訪れます。
縄文人の精神世界は、現代の私達と変わらなく、更に現代人の感性よりも優れていたのかと私の心を揺り動かすのでした。
輪廻転生、復活、不死などこれまで人が考えてきた理想や夢、想いなどが様々な時代において考え実際求められ、そのために莫大な労力を使った時の権力者もいたでしょう。SFな都市伝説的発想は嫌いではないので、これ別の記事でUPしたいですね。

館内最後のエリア

精神世界にすっかりやられてしましましたが、更に進むとこの博物館のクライマックスな展示物にお目に掛かります。それがこちらです👇

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0601-576x1024.jpg
中空土偶!!これは何かの本で見たことのある土偶だ😲

それは突然現れます!!初めて見たにも関わらず、思わず震えました!!
1975年に南茅部の畑で主婦が発見したものと説明文に書かれています。
これまで多くの土偶を見てきましたが、何でしょうかねー
”美しい”と口にしました。かつての人を模した土偶は数あれどです。

先程の縄文人の精神世界を知った後に、こちらの土偶を見たためでしょうか?
個人的には何とも言えない感情が沸き上がってきました。この感動も私の拙い文章とこの写真からでは伝わりにくいと思います。
是非こちらの博物館はこの遺跡を見た後、訪れてみる価値があります。あなたの五感で確認してみて下さいね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC_0630-576x1024.jpg
展示コーナーを抜けた先の階段を上ると、大きな窓から先程訪れた垣ノ島遺跡と太平洋が見えてきます。

まとめ

函館市縄文文化交流センターについてのレポートでした。
垣ノ島遺跡を訪れたの後に同施設を見学すると学びが倍増されます。繰り返しになりますが、こちらは全国で初の博物館併設の道の駅です。ドライブで立ち寄るのも、歴史散策にも良しです。

次回は遺跡巡り最後の記事”大船遺跡”に行ってみたの巻です😁
垣ノ島遺跡とは成立時期が違います。時代が進むと人々の暮らしはどのように変わるか?
そのような視点で読んで頂けると幸いです😊

インフォメーション

場所:〒041-1613 北海道函館市臼尻町551−1
電話番号:0138-25-2030
開館時間:9:00~17:00(4/1~10/31)~16:30(11/1~3/31)
休館日:毎週月曜(祝翌日)、最終金曜、年末年始
博物館入場料:


個人
団体(20人以上)
一般300円240円
学生・生徒・児童150円120円
未就学児無料無料

駐車場:大型5台、乗用車33台、身障者用2台

お知らせ:令和4年1月31日(月)から2月28日(月)の間、 函館市縄文文化交流センターは、館内展示室の冷房設備改修工事等や保管資料の燻蒸を行うため休館します。
なお、「道の駅」縄文ロマン南かやべは通常通り営業します。
(ただし、2月3日(木)から2月6日(日)は燻蒸用のガスを投入しているため、売店は休業いたします。トイレおよびスタンプは利用可能です。)
休館中のお問い合わせ先は
電話番号:0138-25-2030(平日の9:00~16:30)
e-mail:jomon-center@hjcc.jp

今回はここまでです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

次の記事で会いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました